So-net無料ブログ作成

2014年 おせち料理 お重詰合せ 二段 [おせち]

2014年のおせち料理のお重詰め合わせ(二段)です。
一段1万円~が目安ですが、お値段的には三段が一番お得になっています。
お好みのおせちお料理を単品でもお求めいただけます。

二段のお重 黒豆付き
二段のお重 黒豆付き posted by (C)鶴生館

小田原港に揚がった相模湾の伊勢海老と天然の鯛が重なるダイナミックな一段目。
タラバガニの素焼きに、もろ味噌漬けにした合鴨のロースト、有頭海老の小町巻に
国産の鶏ひき肉と卵を合わせてふんわりと仕上げた松風、柔らかく炊いた鮑に
種を丁寧に取り除いた金柑の甘露煮、茹でた卵の黄身と白身をそれぞれに仕込んで
蒸し上げた錦玉子、そして柚子釜にはお店自慢のいくらの醤油漬けが詰まっています。

柚子釜の蓋を開けると
柚子釜の蓋を開けると posted by (C)鶴生館

二段目も上に積まれたものが多くて焼き物が隠れてしまっています。
焼き物は鮭の粕漬に、鰆の西京焼き、金目鯛の照り焼き、姫サザエの壺焼き、
そして厚焼き玉子。大ぶりの有頭海老は旨味がぎゅっと凝縮された具足煮に。
お店がこだわる北海蛸はごま油を使って中華風の酢の物に仕立てています。

二段目
二段目 posted by (C)鶴生館

鶴生館のおせちでは意外にさっぱりとした酢の物が多く、公魚の南蛮漬けや
飾り包丁で花のように造る酢蓮、京人参と大根で造る紅白なますには市田柿を
一緒に和え、柚子の皮で造った松葉飾りを添えています。
紅白に染め分けた菊花蕪、かつら剥きにした大根、胡瓜で造るスモークサーモンと
ズワイガニの奉書巻など、包丁技もおせち料理の見所です。

市田柿のなますと黒豆
市田柿のなますと黒豆 posted by (C)鶴生館

サーモンの奉書巻
サーモンの奉書巻 posted by (C)鶴生館
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。